【バンコク時事】新型コロナウイルスの感染拡大抑止策として、非常事態宣言を発令しているタイで3日、感染者の減少を受けて規制の一部が緩和され、飲食店や理髪店の営業が再開された。
 飲食店は3月下旬から持ち帰りと宅配に限定され、店内での食事は禁じられていた。バンコクの繁華街では一部の店が早速再開したが、客席の間隔を保つなどの措置を義務付けられる。
 バンコクでは4月中旬から禁止されていたアルコール飲料の販売も認められ、スーパーマーケットにはビールなどを買い求める客の長い列ができた。タイで3日に確認された新たな感染者は3人で、7日連続で1桁となっている。 (C)時事通信社