元NHKアナウンサーで新型コロナウイルスに感染して入院していたフリーアナウンサーの住吉美紀さん(47)の症状が安定し、退院して自宅療養になったと3日、所属事務所が発表した。
 所属事務所によると、4月22日に東京都内の医療機関で新型コロナの陽性と診断されて入院していた。住吉さんはNHK紅白歌合戦の司会を務めた経験もあり、現在はエフエム東京のラジオ番組でパーソナリティーを担当している。 (C)時事通信社