【ニューヨーク時事】米ニューヨーク州など東部7州は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急増しているマスクや人工呼吸器など医療物資の調達で連携すると発表した。注文を集約することで購入価格の低下やサプライチェーン(供給網)の安定につながるとしている。
 ニューヨーク州のクオモ知事の記者会見に、ニュージャージー州のマーフィー知事やコネティカット州のラモント知事らがビデオで参加し、医療物資調達でコンソーシアム(共同事業体)を設立すると表明した。7州は今後3カ月程度かけて地域全体の需要を満たせる供給業者を探す方針。 (C)時事通信社