自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は4日、国会内で会談し、衆参両院の予算委員会で安倍晋三首相の出席を求め、11日に集中審議を行うことで合意した。野党側は新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が今月末まで延長されることを踏まえ、判断の根拠などをただす。
 会談で安住氏は、(1)休業手当を支払って従業員を休ませた企業に支給する雇用調整助成金の上限引き上げ(2)経済的に困窮する学生の支援(3)減収を余儀なくされた事業者への家賃支援―を挙げ、対応を急ぐよう要請。今後、政府・与野党連絡協議会で議論することで一致した。 (C)時事通信社