【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)政府は4日、新型コロナウイルスの新規感染者数が約1カ月半ぶりにゼロとなったと発表した。同国は感染防止策によって打撃を受けた経済の活性化を狙い、出入国の原則禁止による鎖国状態を緩和し、隣国オーストラリアとの往来再開を目指す。
 人口約500万人のNZの感染者数は4日午前の段階で1487人で、新規感染者がゼロだったのは3月16日以来。死者も20人で横ばいだった。同国は先月27日深夜、新型コロナの警戒度を最高水準から引き下げ、厳しい都市封鎖を一部緩和した。アーダーン首相は5月4日、「これまでの良い仕事を無駄にすることはできない」と強調し、引き続き不要不急の外出をしないよう求めた。 (C)時事通信社