河北新報社(仙台市青葉区)は5日、福島市の福島総局に勤務する20代の男性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 同社によると、男性記者は体調を崩して3月上旬から自宅で療養し、取材活動はしていなかった。さいたま市の実家に移っていた4月17日から高熱やせきなどの症状があったため5月1日にPCR検査を受け、同5日に陽性が判明した。 (C)時事通信社