【ニューヨーク時事】ニューヨーク市保健局は4日、血管に炎症が起きて、発熱や発疹、冠動脈障害を引き起こす川崎病などに似た症状を示し、子供15人が入院したと発表した。新型コロナウイルス感染に関連している可能性があると指摘している。デブラシオ市長は5日の記者会見で、発熱や発疹、腹痛、嘔吐(おうと)の症状がある子供は「すぐに医師に連絡を」と呼び掛けた。
 市保健局によると、4月17日以降、2~15歳の15人が入院。全員発熱があり、半数超は発疹か腹痛、嘔吐、下痢の症状を訴えた。呼吸器症状があったのは半数未満。4人がPCR検査で陽性だった。また、陰性だった子供のうち6人に抗体検査で陽性反応が出た。5人が人工呼吸器を必要としたが、死者はいない。
 米メディアによると、新型コロナの感染拡大が深刻な英仏伊など欧州でも川崎病に似た症状を示す子供の報告が相次いでいる。 (C)時事通信社