【ニューヨーク時事】米メディアによると、東部ニューヨーク州は4日、新型コロナウイルス感染で死亡した可能性が高い例を含む介護施設での死者数は少なくとも4813人と発表した。公表死者数より1600人以上多い。州には約600の介護施設がある。
 集計の期間は3月1日~5月3日。可能性が高い例は検査で感染が確認されていないものの、感染で死亡したことが推定される人。一方、死者には病院で死亡した介護施設の入居者が含まれていないといい、実際の死者数はさらに多いとみられる。
 ニューヨーク市内の施設の広報担当者は、米メディアに電子メールで「当初は入居者や従業員を広く検査する能力が限られ、無症状の感染者を特定する妨げになった」と指摘した。 (C)時事通信社