国土交通省は7日、東日本、中日本、西日本、本州四国連絡の高速道路4社の大型連休中(4月25日~5月6日)の交通状況をまとめた。調査対象である全国40区間の1日当たりの平均交通量は前年同期(4月27日~5月8日)比70%減の約1万4600台。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、政府が不要不急の移動自粛を呼び掛けたことや、各社が地方区間の休日割引を行わなかったことが影響したとみられる。
 40区間全てで交通量が減少した。減少率が最も大きかったのは米子道久世インターチェンジ(IC、岡山県真庭市)―湯原IC(同市)間の84%。最も小さかった東京湾アクアライン川崎浮島ジャンクション(川崎市)―海ほたるパーキングエリア(千葉県木更津市)間でも52%の減少だった。
 一方、大型車は全区間平均で14%減。物流を担うトラックやトレーラーなどに一定の需要があったとみられ、東海北陸道飛騨清見IC(岐阜県高山市)―白川郷IC(同県白川村)間で36%増となるなど交通量が増えた区間もあった。 (C)時事通信社