加藤勝信厚生労働相は8日の閣議後会見で、「37.5度以上の発熱が4日以上」などの新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安を見直す考えを改めて示し、感染の疑いがある場合は必ず受診するよう呼び掛けた。
 厚労省が2月に公表した目安をめぐっては、該当しないとして感染が疑われる場合も診察を断られるケースがあった。同省は新たな指針を同日にも公表する方針。 (C)時事通信社