【ビジネスワイヤ】循環器用医療機器大手の米アビオメッド(NASDAQ:ABMD)は、医療機器開発の米ブリーズを買収したと発表した。ブリーズは患者の移動が容易な小型ECMO(体外式膜型人工肺)装置を開発。アビオメッドの心臓ポンプ「Impella」とブリーズのECMO装置を併用することで、心臓の休息や血液かん流と血液酸素化を同時に実現できる。この併用法はECMO単独より心臓の回復率や生存率の向上につながることが研究で示されている。(C)時事通信社