【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモ(NASDAQ:MASI)は、同社の脈波変動指標(PVi)技術が輸液管理の指針として有効であることを示す研究結果を発表した。研究はトルコのジェラル・バヤル大学が腰椎手術を受ける成人患者を対象に実施。輸液管理の指針として非侵襲的・連続的なPViと侵襲的・間欠的な中心静脈圧を比較した。PViの方が術中輸液補充量と術中赤血球輸血量が少なく、血管内容積の評価が正確だった。結果はJournal・of・Anesthesiology・and・Reanimation・Specialists’・Society誌に掲載された。(C)時事通信社