【ニューヨーク時事】米メリーランド大学は6日、南部ジョージア州が新型コロナウイルス感染拡大防止で停止していた経済活動の一部を4月下旬に再開して以降、州外からの訪問者が1日6万2000人以上増えていたと指摘する調査を公表した。
 ジョージア州は4月24日に理容店やスポーツジム、同27日に飲食店の店内飲食や映画館の再開を認めた。メリーランド大が携帯の位置情報を分析した結果、州外からのジョージア訪問者は、再開前の4月16~23日は1日48万3718人だったが、再開後の4月24~5月1日は54万6159人で13%近く増えていた。大多数は隣接する州から訪れていた。 (C)時事通信社