麻生太郎財務相は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの影響で家賃の支払いが困難になった事業者支援など追加対策について「適切に対応していく」と述べた。財源は、「(2020年度補正予算で1.5兆円を確保した)予備費で対応できるか、検討しないといけない」と述べ、与党内で浮上している2次補正予算案の編成に慎重な姿勢を示した。 (C)時事通信社