東北6県と新潟県などは8日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の延長を受け、県境を越えた移動の自粛や、国の「新しい生活様式」の定着を呼び掛ける共同メッセージを出した。呼び掛けは大型連休前に続き2回目。東北地方では感染者数の増加が落ち着き、事業者への休業要請を解除した県もあるが、気の緩みから再び感染が拡大するのを防ぐ。
 メッセージは、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟の7県知事と仙台、新潟の2政令市長が連名で発表した。 (C)時事通信社