愛知県が新型コロナウイルスの感染者495人分の個人情報を県ホームページ(HP)に誤って掲載した問題で、掲載された情報には感染者間の関係や職業も含まれていたことが8日、分かった。県によると情報の転載は確認されていないが、大村秀章知事は同日の記者会見で「あってはならないことで心からおわびしたい」と陳謝した。
 感染者の個人情報は5日午前9時半から同10時15分までの45分間、県のHPで閲覧できる状態になっていた。情報には年代、性別、氏名や入院日が含まれていたほか、感染経路や濃厚接触者の確認のため、備考欄に職場や感染者間の個人的な関係に関する記述もあったという。
 該当部分は既に削除され、県は感染者に経緯を説明し、謝罪を続けている。ただ、感染者からは「何でこんなことになったんだ」「納得できない」など苦情の電話が相次いでいるという。 (C)時事通信社