【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は8日の記者会見で、全身の血管に炎症が起きて、発熱や発疹、冠動脈障害を引き起こす川崎病などに類似する症状のあった5歳男児が、ニューヨーク市で7日に合併症のため死亡したと発表した。欧米では、子供が同様の症状を示す事例が相次いで報告され、新型コロナウイルスとの関連が指摘されている。州内で死者が確認されるのは初めて。
 クオモ氏によると、州内で同様の症状が確認された子供は73人。他にも死亡した子供がおり、州が調査している。クオモ氏は、子供が新型コロナの影響を受けにくいと考えている人に対し注意を促した。 (C)時事通信社