【北京時事】中国の習近平国家主席は9日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いた「口頭親書」に返信を送り、新型コロナウイルスに関して「防疫協力を強化し、(北)朝鮮側の必要に応じて力の及ぶ限りの支援を提供したい」と表明した。新華社電が伝えた。
 習氏は「私も(北朝鮮の)ウイルスの防御・コントロールの状況や人民の健康をとても気に掛けている」と強調。北朝鮮の防疫措置について「プラスの効果を挙げ、私は安堵(あんど)し、喜ばしく感じている」と称賛した。
 さらに習氏は「中朝や国際社会の共同の努力の下、疫病との闘いが必ず最終的に勝利できると信じている」と主張。「私は中朝関係の発展を非常に重視している」とも述べ、中朝両国と関係が冷え込んだ米国を念頭に蜜月ぶりをアピールした。 (C)時事通信社