東京都の小池百合子知事は11日、新型コロナウイルス感染者を受け入れる病床について、新たに1300床を確保できる見込みであることを明らかにした。「逼迫(ひっぱく)という言葉が当てはまるかは見方によるが、病床のキャパシティーは都として確保されている」と強調した。都庁内で記者団の取材に応じた。
 都の確保目標は4000床だが、実際に用意できたのは2000床にとどまり、使用率は9割を超える。都は病床確保に加え、無症状の人や軽症者を対象とした宿泊施設療養への移行を急ぐ。 (C)時事通信社