新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、厚生労働省は11日までに、検査を実施できる医療機関を拡大する方針をまとめ、都道府県などに通知した。感染症指定医療機関などに設置された専門外来「帰国者・接触者外来」にほぼ限定してきたが、感染拡大防止策が取られていれば診療所や小規模病院でも可能にした。
 PCR検査をめぐり、厚労省は、地域の医師会が運営する専門外来の設置と検体採取を認めている。しかし、設置件数が大きくは伸びず、検査態勢のさらなる拡充が必要との指摘があった。 (C)時事通信社