【北京時事】中国・北京市の日本人学校(小中併設)が11日、約3カ月半ぶりに中学3年生の登校を再開した。新型コロナウイルスの影響で日中間の往来が困難になり、中3の在校生徒15人のうち登校できたのは北京にいる9人だけ。日本から戻れない残りの生徒や、小学1年から中学2年生まではオンライン授業を受けている。
 登校した生徒は校門前で1メートルの間隔を置いて並び、体温をチェック。一番乗りの寺師麻結さん(14)は「友達と話すのを楽しみにしていた」と笑顔を見せ、「早く北京にみんなが戻って来て、みんなで授業を受けたい」と仲間を気遣った。
 小中合わせた在校児童・生徒数は1月下旬の春節(旧正月)前に比べ112人減の230人。その約半数が日本から戻っていない。着任予定だった教師8人も日本で足止めされている。
 北京の教室には、オンライン授業撮影役の教師も配置。科目によっては、日本で行う授業を北京の教室のモニターで中継する。栗本和明校長は「きょう来た子と日本にいる子の両方を考え、いかに質の高い教育を提供するかが課題だ」と話した。
 同校は感染防止のため、北京市当局の指示に沿って防護服やゴーグルなどを購入。階段は一方通行にするなどの防疫措置を取った。
 北京市では11日、一般の中学校も今夏の受験や卒業を控えた3年生だけ登校再開を認めている。 (C)時事通信社