加藤勝信厚生労働相は12日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染症の治療薬「レムデシビル」について「昨日(11日)から配送が開始され、既に一部の医療機関に到着した」と明らかにした。供給量については「(開発企業から)公表しないということを前提に供給を受けている」と述べ、明言しなかった。
 レムデシビルは7日、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づき薬事承認された。加藤厚労相は「重症者で必要とされる方にしっかりと供給されるよう努力していく」と話した。 (C)時事通信社