麻生太郎財務相は12日の閣議後記者会見で、2020年度第2次補正予算案の編成に関し「1次補正で不足していると言われているものについて補充していく」との考えを示した。家賃の支払いが困難な事業者への支援やアルバイト学生に対する学費負担軽減などで「(与野党の)検討を踏まえながら対応しないといけない」と述べた。 (C)時事通信社