全国知事会は12日、新型コロナウイルス緊急対策本部会合をテレビ会議で開き、政府への提言を大筋でまとめた。緊急事態宣言が一部解除された場合でも、都道府県境を越えての移動は引き続き自粛するよう国民に呼び掛けるべきだとの認識で一致。文言を最終調整した上で、13日に開く国との意見交換会で提言する。
 飯泉嘉門会長(徳島県知事)は会合の冒頭、「人の流れを呼び込まないことが大変重要。緊急事態宣言の対象区域と、それ以外の区域の往来の自粛を強く求める必要がある」と訴えた。
 会合では、政府への提言案が示され、宣言が発令されている期間は、一部解除された場合でも、都道府県境を越えての移動は原則として行わないと記した。特に、宣言の対象区域とそれ以外の区域は往来の自粛を国民に呼び掛けるべきだと強調。発熱がある人に交通機関の利用を制限する措置を講じることも求めた。 (C)時事通信社