新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、歯科医院が緊急性のない来院自粛を呼び掛ける中、横浜市の医院が動画共有サイト、ユーチューブで歯磨きの仕方などを伝え、自宅でも歯の健康を保つよう呼び掛けている。
 「#うちで磨こう」と題したプロジェクトで、うえの歯科医院(同市)の歯科衛生士笹井舞さん(37)らが発案した。先月、緊急性のない治療は延期を求めるよう厚生労働省が通知したことを受け、同医院は患者と話し合って一部の治療を延期。これをきっかけに、「来院できない患者が虫歯にならないようにしなければ」との声が院内で上がり、動画作成に踏み切ったという。
 最初に公開したのは、シンガー・ソングライター星野源さんが公開した楽曲「うちで踊ろう」に合わせ、同医院の職員らが歯磨きをする動画。笹井さんは「多くの人に見てもらうため流行に乗った」と笑う。暗いニュースが多い中、笑顔を意識して撮影したという。
 別の動画では、歯の模型を使って正しい歯磨きの仕方を説明するなどしている。
 同医院は今後も歯磨きのこつなどの動画を順次配信する予定。笹井さんは「患者さんのことを考えて行動していきたい」と語った。 (C)時事通信社