【モスクワ時事】タス通信によると、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの新型コロナウイルス感染者が入院する病院で12日朝、火災が発生し、感染者5人が死亡した。人工呼吸器から出火したもようだ。
 9日にも、新型コロナ感染者が入院するモスクワの病院で火災が起きて1人が死亡した。ロシアの人工呼吸器は老朽化しているとみられている。
 サンクトペテルブルクの病院の火災は集中治療室(ICU)で起き、関係者は「人工呼吸器の一つから出火し、煙が充満した」と明かした。死亡した5人は重症患者だった。捜査当局筋は、人工呼吸器の電気のショートか故障が原因とみられるとしている。
 ロシアでは医療機関の防護服不足や劣悪な環境が指摘されているが、実態が表に出ないように当局が医師らに圧力をかけているとも伝えられる。医療従事者の感染も深刻との見方がある。 (C)時事通信社