新型コロナウイルスの緊急事態宣言をめぐり、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は13日午前、西村康稔経済再生担当相とテレビ会議方式で意見交換した。知事会は、宣言が一部で解除された場合でも、都道府県境をまたいだ移動の自粛継続を国民に呼び掛けるよう提言。これに対し、西村氏は宣言の対象となる地域と解除された地域の往来自粛を政府の基本的対処方針に明記する考えを示した。
 西村氏は、宣言の解除について「新規感染者数が落ち着いている状況が続いていることが確認できれば、多くの県で視野に入ってくる」との見通しを示した。その上で、「油断するとまた感染が拡大する恐れがある」と指摘した。 (C)時事通信社