新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業や外出自粛の要請解除に向け、大阪府が設けた独自基準が、14日に達成される見通しが濃厚になった。13日まで6日間連続で基準を満たしており、14日まで続けば解除の条件をクリアする。達成が確認された場合、府は同日夜に対策本部会議を開催し、要請解除の内容を決定する。16日午前0時から段階的解除に踏み出す構えだ。
 吉村洋文知事は13日、府庁で記者団の取材に応じ、「明らかに市中における感染は減少傾向にある。ウイルスの感染拡大を抑えながら、社会経済活動を徐々に復活させることとの両立を目指していきたい」と述べた。 (C)時事通信社