【サンパウロAFP時事】ブラジル保健省は12日、新型コロナウイルスによる死者が前日から881人増え、計1万2400人になったと発表した。1日当たりでは最多で、累計の死者数は米国、英国、イタリアなどに次いで世界で6番目に多い。
 感染者数は前日から9258人増え、17万7589人。先週には、ブラジルの実際の感染者数は公表されている人数の15倍に達すると推計した研究結果も公表された。執筆者の一人は「病院に行き着いた人しか検査していない。利用可能なデータでは実態を把握するのは難しい」とAFP通信に述べた。
 ボルソナロ大統領は、新型コロナを「ちょっとした風邪」と例えるなど感染拡大を軽視し、批判を浴びている。 (C)時事通信社