加藤勝信厚生労働相は15日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染で14日までに39件の労災申請があり、今週に2件を認定したと発表した。新型コロナに関する労災認定は初めて。2件のうち1件は医療従事者という。
 厚労省は医療従事者が感染した場合、原則として労災補償の対象になる方針を通知している。加藤氏は「患者の治療、看護の業務に当たっている人に安心感を持っていただくことが重要だ」と強調した。 (C)時事通信社