【モスクワ時事】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州政府は15日、国後島で新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。北方領土での感染者確認は初めて。
 感染者はロシア南部ダゲスタン共和国の住民で、水産関係の仕事のために数日前に国後島に到着した。地元メディアによると、サハリン州政府は国後島と色丹島に非常事態を宣言。両島間の往来などが制限されるという。
 新型コロナの感染拡大を受け、日ロ両政府は北方領土の元島民による墓参など「ビザなし交流」について、今年度は当面、事業の実施を見合わせている。 (C)時事通信社