政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を39県で解除したことを受けて、各地で休業要請の縮小や学校再開に向けた動きが活発になっている。時事通信の15日時点のまとめによると、休業要請の解除(一部を含む)を決めたのは、もともと実施していないところを含め41道府県に上ることが分かった。また、都道府県立学校などについても、再開予定の前倒しを決めたのは14府県となった。 (C)時事通信社