日中韓3カ国の保健担当相会合が15日夜、テレビ会議で開かれた。新型コロナウイルス対策について意見交換し、パンデミック(世界的大流行)に備えた世界保健機関(WHO)の役割強化や、3カ国の情報共有を進めることなどを確認する共同声明を採択した。
 会合は非公開で約1時間行われ、日本からは加藤勝信厚生労働相が参加。厚労省によると、加藤氏は、新型コロナに関するWHOの対応を検証する必要性を訴えた他、3カ国のさらなる連携が重要だと指摘した。 (C)時事通信社