【パリ時事】フランス南部マルセイユで、新型コロナウイルスに感染した9歳の男児が、全身の血管に炎症が起こる「川崎病」に似た症状を発症して死亡した。地元メディアが15日、報じた。米英では既に同様の死亡例が報告されているが、仏国内では初めてとみられる。
 BFMテレビによると、男児は自宅で心停止となった後に病院に搬送。1週間にわたり治療を受けたものの、9日に死亡した。死因は心筋炎とみられる。新型コロナ感染の症状はなかったが、検査で陽性反応が出たという。 (C)時事通信社