【サンパウロ時事】ブラジルのタイシ保健相は15日、新型コロナウイルス対策をめぐりボルソナロ大統領と対立した末に辞任した。タイシ氏は4月17日に就任したばかり。前任のマンデッタ氏は、各州政府が独自に実施している経済規制を批判するボルソナロ氏とたもとを分かち、解任されていた。
 タイシ氏は退任会見で「人生は選択によって成り立っている。きょう私は辞任を選んだ。困難な時期にあって省を率いるのは簡単ではなかった」と語った。
 ボルソナロ氏は新型コロナ治療薬として期待される抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の広範な導入を主張。医師でもあるタイシ氏は副作用を警戒し、慎重な姿勢を示していた。 (C)時事通信社