【ニューヨーク時事】米国で最多の新型コロナウイルス感染者が出ている東部ニューヨーク州の一部地域で15日、建設業などの経済活動が再開された。クオモ州知事は同日の記者会見で、1人の感染者が平均してうつす人数を表す実効再生産数を「毎日監視し、上昇したらすぐに修正してほしい」と各自治体に引き続き警戒を呼び掛けた。感染が集中するニューヨーク市は再開地域に含まれず、人口密度が低い北部の地域から正常化に向けて動きだした。
 州は、病床の空きや検査数など7基準を満たした地域から業種別に4段階で活動再開を容認している。10地域のうち基準を満たしたのは5地域。15日から第1段階に入り、製造や農業などのほか、小売店はオンラインなどで客が事前に注文した商品を店で受け取る場合に限り再開が認められた。州は従業員のマスク着用を義務付け、手袋も推奨。小売店の店内で商品を受け取る場合、収容人数を50%以下にするよう求めた。
 一方、州が求める再開基準を満たしていないニューヨーク市を含む5地域は、外出規制と事業閉鎖が28日まで延長された。再開基準を満たせば、28日を待たずに第1段階に入ることができる。
 クオモ氏はまた、ニューヨーク州など東部4州で来週末からビーチの再開を認めると明らかにした。州境間の移動を防ぐため、近隣州で足並みをそろえた。ビーチの利用者を50%以下に制限することを義務付けるほか、行列を避けるため売店の再開は認めない。
 州の死者は2万2304人になった。 (C)時事通信社