政府が新型コロナウイルス対策として妊婦に配布した布マスクに不良品が見つかった問題で、厚生労働省は16日までに、約8億円掛かるとしていた検品費用について、実際は800万円未満だったと説明を修正した。
 厚労省側は14日の参院厚労委員会で、妊婦向けの布マスクの検品に関し、委託業者550人態勢で進めており約8億円の費用が掛かると答弁し、批判が出ていた。しかし、「8億円」には、全世帯に配布するマスクなどの検品費も含まれており、妊婦向けマスクに限ると、検品費は800万円未満だったという。
 妊婦用布マスクは自治体に配布した約47万枚のうち、約1割に黄ばみや異物混入などの不良品が見つかり、配布を中断している。 (C)時事通信社