【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は18日の記者会見で、新型コロナウイルスの発生源調査に着手するのは「時期尚早だ」と強調した。「大多数の国はウイルス禍は終わっていないと認識している」とも述べた。
 趙氏は、世界保健機関(WHO)総会で19日に議決される見通しの決議案の協議に中国も積極的に参加したと指摘。「適切な時期にメンバー国の協議を経て、公正で独立した包括的評価プロセスを徐々に立ち上げる」という草案で各国が一致していると主張した。中国はこれまでも「適切な時期」まで調査を先送りするよう訴えてきた。 (C)時事通信社