「アルコール71%配合」とラベルに記載した手指用洗浄ジェルについて、実際のアルコール濃度は大幅に低かったとして、消費者庁は19日、輸入販売業「メイフラワー」(東京都千代田区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止の措置命令を出した。
 消費者庁によると、対象となった商品は「ハンドクリーンジェル(300mL)」。同社は4月4~14日、アルコールが71%配合されていると記載されたラベルを付けて販売していたが、実際は5~30%だった。
 同庁によると、量販店などを通じ、1500~4000円で販売されていた。同社は3月末ごろから約6万4000本を仕入れたといい、「化粧品として輸入したため、アルコール濃度の確認をしなかった。再発防止に取り組む」としている。 (C)時事通信社