【ワシントン時事】トランプ米大統領(73)が18日、新型コロナウイルスの治療薬として推奨してきた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を毎日服用していると明らかにし、米国内に衝撃が走った。深刻な副作用のリスクがあり、トランプ氏に近い保守系FOXニュースの司会者も、安易な服用は「死に至る」と視聴者に警告を発した。
 1週間半前から予防的に服用しているとのトランプ氏の発言は、記者団とのやりとりで唐突に飛び出した。FOXのニール・カブト氏は番組で即座に薬の有効性を否定。「もしあなたがリスクの高い集団に属していれば、(この薬は)あなたを死に至らせる。そのことはいくら強調しても十分でない」と訴えた。
 米食品医薬品局(FDA)も、治療や予防に用いれば「深刻な副作用」をもたらす恐れがあると警告している。しかし、トランプ氏は18日、「今のところ私は大丈夫そうだ」と強調した。
 野党民主党のペロシ下院議長は、テレビのインタビューで「彼は私たちの大統領だ。未承認の薬を服用すべきでないし、年齢や病的な肥満体を考えればなおさらだ」と述べ、自重を求めた。 (C)時事通信社