政府は19日、国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)を首相官邸で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてインターネットや電話による「オンライン診療」が広がっていることから、今後医療現場に定着させるための方法などを検討する方針を決めた。年内をめどに結論を出す考えだ。
 首相は諮問会議で「新型コロナのリスクをコントロールしながら同時に経済、社会活動を本格化させていく。新たな日常をつくり上げていくためには、ITの積極活用が欠かせない」と述べた。 (C)時事通信社