【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業のモデルナが開発を進める新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、医療専門メディアが19日、モデルナの開示した情報はワクチンの有効性を評価するのに「不十分だ」と批判的に報じた。
 ワクチンの早期実用化への期待から同社の株価は前日急騰したが、有効性に疑問を投げ掛ける報道を受け、19日は急反落した。 (C)時事通信社