【シリコンバレー時事】米グーグルとアップルは20日、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人に通知するスマートフォンアプリ向けの技術の提供を始めたと発表した。米メディアによると、米国の多くの州と世界22カ国の保健当局が利用する意向。日本政府も実用化に向けて技術を採用する方針を決めている。
 両社は4月、感染拡大の防止に向けて、当局が感染の疑いがある人を探しやすくするため、それぞれの基本ソフト(OS)で相互に機能する接触通知技術を共同で開発すると発表。第1段階として、5月に当局のアプリ経由で情報交換できるよう技術仕様を公開する方針を示していた。
 ただ、プライバシー侵害を懸念する声もあるため、利用者の同意を前提とし、位置情報などは収集しない。両社は「利用者が受け入れるかどうかが成功のカギ」とみている。 (C)時事通信社