菅義偉官房長官は21日の記者会見で、国立成育医療研究センターが胚性幹細胞(ES細胞)から作った肝臓の細胞を世界で初めて肝臓病の赤ちゃんに移植したことについて、「ES細胞を活用した治療に関する研究の進展を引き続き注視をしていきたい」と語った。 (C)時事通信社