外務省は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新たにインドやアルゼンチンなど11カ国の感染症危険情報をレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げた。政府は近くコロナ対策本部を開催し、11カ国を入国拒否の対象に追加する。
 追加されるのは他にパキスタン、バングラデシュ、エルサルバドル、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、ガーナ、ギニア、南アフリカ。これで日本政府による入国拒否は計111カ国・地域に拡大する。 (C)時事通信社