東京都の小池百合子知事は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を段階的に緩和するロードマップ(行程表)を発表した。3段階で実施し、第1段階では図書館や博物館を再開。午後8時までとしている飲食店の営業時間は同10時まで認める。都立学校も分散登校により始める。緩和の是非を判断するタイミングは2週間ごととするが、感染状況に応じて期間の短縮も視野に入れる。
 政府は25日にも感染状況などを改めて評価し、緊急事態宣言の解除の可否を判断する方針。解除された場合、都は26日にも第1段階の緩和に入る。小池知事は会見で、「感染防止と経済・社会活動の両立を図り、新しい日常を定着させていく」と述べた。
 第1段階では、観客席の使用停止を条件に運動施設の利用も認め、プロ野球などの無観客試合を可能にする。第2段階は、商業施設や劇場、映画館、学習塾といった幅広い施設への休業要請を緩和。第3段階で遊園地やパチンコ店の再開を認めるほか、営業時間短縮を求めている飲食店は午前0時まで営業できるようにする。
 イベントの開催規模の上限も50人、100人、1000人と3段階で拡大。接待を伴う飲食店やライブハウスなどクラスター(感染者集団)が発生した施設への要請緩和については、政府の対応を踏まえ検討する。 (C)時事通信社