新型コロナウイルス感染症の症状改善効果が期待されるアビガン(一般名ファビピラビル)の効率的合成につながる触媒を、東京大の研究チームが開発し、22日までに発表した。現行の製造ルートに適用可能で、合成過程で生じる廃棄物も大幅に減らせるという。
 ファビピラビルは、2種類の有機化合物を合成して得られた基本骨格にフッ素が結合した構造をしているが、この基本骨格を合成する反応が複雑で、生成物の1.3倍に及ぶ廃棄物が生じるため、その処理などにもコストが掛かる。
 東大の小林修教授らの研究チームは、水中で効率的に反応を進める触媒を開発。この触媒を2種類の有機化合物と一緒に水に入れて混ぜるだけで、ファビピラビルの基本骨格を生成することができた。反応後に廃棄物がほとんど出ず、処理費用も掛からないという。
 研究チームはさらに、必要な原料を入れるだけで効率的にファビピラビルが合成できる製造法の開発も進めている。小林教授は「企業の方々にはぜひ声を掛けていただいて、使ってもらいたい。日本発の薬剤が効率的に、いつでも製造できるようになってほしい」と話している。 (C)時事通信社