神戸大は22日、微量の涙で乳がんを早期発見する技術を開発したと発表した。細胞が分泌する物質を高感度に検出する仕組みにより、がん患者と健常者を識別することに成功。痛みを伴わない検査のため受診者の負担が軽く、実用化されれば乳がん検診の受診率向上が期待できるという。来年度中の実用化を目指す。
 がん検出に加え、患者の治療状況も確認でき、薬物療法の効果や再発チェックにも応用できることから、同大は「涙液を用いたがん検出と予後のケアが実現可能となることが世界で初めて示された」としている。 (C)時事通信社