米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の日本時間23日の集計で、新型コロナウイルスによる世界の死者が34万人に近づいた。米国が10万人に迫り、英国とイタリアが3万人台、スペイン、フランス、ブラジルが2万人台で続く。
 流行が最初に始まった中国で23日に新規感染ゼロと発表される中、世界の感染者は累計520万人超。最多の米国で160万人を超え、ブラジル、ロシアで30万人台、英、スペイン、イタリアで20万人台に上る。
 AFP通信によれば、世界保健機関(WHO)は南米を「新たな震源地」と警戒。「最も影響を受けているのはブラジル」(緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏)と名指しするが、ボルソナロ大統領は「ちょっとした風邪」と新型コロナを軽視し、経済活動再開に前のめりだ。 (C)時事通信社