日本小児科医会は25日、2歳未満の子どもには新型コロナウイルス対策でマスクを着けさせないよう求める声明を発表した。窒息リスクが高まり、危険だとした。
 声明によると、2歳未満は口や気道など空気の通り道が狭く、マスクを着けると呼吸がしにくくなり心臓に負担が掛かるほか、窒息のリスクも高まる。特に乳児は母乳やミルクを吐くことが多く、マスクに遮られて口の外に出ず危険だという。
 また、国内外の医学情報を基に、子どもが家庭の外で感染することは少なく、重症化も極めて少ないと分析した。米疾病対策センター(CDC)も、2歳未満の子どもにマスクを着用させるべきでないとしている。 (C)時事通信社